債務整理後のローンは利用可能か?

債務整理で一旦借金を清算した後でも、何らの事情で再度ローンが必要になることもあるのではないでしょうか。
とくに住宅ローンや教育ローンといった生活に密着するローンは、債務整理完了後も必要になるかもしれません。
債務整理で手元の借金を減免してもらった立場からすると、再度ローンを利用することなんてあつかましいといわれるかもしれませんが、それでも生活上必要なローンが利用できるのかとうかという点は気になるところではないでしょうか。

結論からいえば、債務整理を行った後のローンを利用するのは難しいといわざるをえません。
ローンを取り扱う金融機関では、過去の返済履歴、借入状況などに基づいて審査を行います。
債務整理で借金が無くなった後も、その記録が個人信用情報の「事故情報」として一定期間保存されます。
通常では5年間、事故情報が保存されますので、その間はローンの審査に合格することが難しくなります。

ただし債務整理で借金を清算した後、生活上必要なローンは利用できる可能性もあります。
ただし、ここでも相応の審査基準に合格しなければいけません。
債務整理を行ったということは、借金の返済に何らかの問題があったということでしょう。
その問題を解決できない以上は、新たなローンを申込んでも審査に合格することは難しいでしょう。

債務整理を利用された方が、再度ローンを利用するには、相応の審査基準に合格する必要があります。
また新たにローンを契約することで、また借金問題に苦しむこともありますので、同じ過ちは栗変えなさいように心がけることが大切です。

Comments are closed