カードローンの金利の幅を知る前に仕組みを知っておく

カードローンの利率には、例えば5.0%から18.0%までというように幅があります。
借りる金額が少ない場合は、高いほうの利率が適用され、借りる金額が多い場合は低いほうの利率が適用されるという仕組みになっています。
いくら借りたときにどの金利が適用されるのかはカードローンを取り扱っている金融機関によって異なります。
カードローン比較して申し込むときには、借入希望金額は少なめにしておいたほうが、審査にも通りやすいので、お金を借りる金融機関を選ぶときには上限金利を基準にして選ぶのが良い方法です。
下限金利は、カードローンを引き続き利用していく中で、利用金額が少しずつ増えていく中で、少しずつ金利が減っていく取引実績に応じたボーナスのようなものと考えて、申し込む前にお金を借りる金融機関を選ぶときには参考程度の情報に留めておく方が良いです。
最初の内は、金利が多少高くても借りるお金の金額が少ないので返済計画が立てやすいですし、取引量が増えて金利が下がっていけば、借りるお金の金額が増えても返済しやすいという仕組みです。
このような仕組みを知っておけば、最初だけでなく、その後のカードローンとの付き合い方も見えていきます。
また、借りるお金の金額が増えていけば、いくら金利が減っていくとはいっても原本の金額が多ければ、利息はそれなりの金額になりますので注意をする必要があります。
借りるお金を追加する場合は、追加する金額に応じた、しっかりした返済計画を立てる必要があります。

Comments are closed